お弁当や介護食について

[ テーマ: 居宅支援事業所 ]

2019年9月26日17:28:32

少しずつ朝晩の空気も涼しくなり、秋を感じるようになってきました

秋といえば、、食欲の秋!

ということで、今回は食事に関するお話です

 

 さんま

 

利用者様や家族様から「一人やからごはんするのが面倒臭いわ~」、「最近お父さんがごはん食べにくいみたいだけど、どうしたらいい?」などの相談を受けます。

そんなときに、高齢者配食サービスや介護食の紹介をしています。

配食サービスは一定の条件を満たす方は市からの助成も受けられます。事業者によってはいろいろな食事形態やカロリー制限にも対応していたり、無料で試食できるところもあり、とっても便利です。

一方、介護食はスーパーや薬局によく置いてあります。温めるだけの手間いらずで、たくさんの種類のおかずが出ています。こちらもいろいろな食事形態や高カロリー食などもありますので、買い物のついでにチェックしてみてください。

普段は自分で調理したり、家族様が作っているという方も、上手に利用して休息の時間を持っていただければと思います

 

まゆみ居宅介護支援センターでは随時相談を受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。お待ちしております


介護サービスを利用するには

[ テーマ: 居宅支援事業所 ]

2019年8月7日11:12:15

梅雨が明け暑さも本格的となり、30度超えの日が連日続いています

体調を崩さないよう、こまめな水分補給は忘れないようにしたいですね

 

担当ケアマネージャーをお願いしたいと皆さんいろいろなきっかけで申し込んでくださいますが、初めて介護サービスを利用しようとする時に、一体何をどうすればいいのかわからない!と言われる方がほとんどです。

まずは要介護認定の申請をすることが第一です

流れとしては

 ①要介護認定申請書、介護保険証、主治医意見書(かかりつけの病院で書いてもらいます)をあわせて市役所に申請する。※ケアマネージャーが代理申請することも可能

②ご本人のところに認定調査員が訪問し、普段の状況の聞き取りを行う。

③コンピュータによる一時判定と二次判定(介護認定審査会)にかけられる。

④非該当、要支援1、2または要介護1から5の結果が郵送で届く。

という感じです。

 申請から結果の通知が来るまではおよそ1ヶ月かかります。その結果をもとに、ケアマネージャーが介護サービスを利用できるようケアプラン作成などの段取りをすることとなります。

 

まゆみ居宅介護支援センターでも随時相談の受付をしていますので、お気軽にお声掛けください


熱中症に気をつけましょう!

[ テーマ: 居宅支援事業所 ]

2019年5月31日15:29:37

こんにちは

 

最近ぐんと気温が上がり、どんどん夏に近づいてきているなと感じますこれから高齢者の方にも気を付けてほしいのが熱中症です。先日も熱中症で2人が亡くなられたとニュースになっていました。

 

去年の夏は記録的な猛暑となり、5月から9月の間に熱中症で搬送された方がおよそ9万5千人となったそうです。おととしの同時期に比べると1.8倍となっています。今年は平年並みの暑さになるとの予報ですが、しっかり対策しなければなりません

 

熱中症の予防のためには、こまめな水分・塩分摂取と暑さを避けることが大切です。
屋内にいても窓を開けて風を通したり、冷房を利用して過ごしやすい環境を作り、外出時は帽子をかぶるようにしましょう。水分は1日1.2~1.5リットルを目安で、汗が出る時は塩分の入ったスポーツドリンクを飲むといいそうです。

 

今後利用者様の訪問のとき、特に一人暮らしの方や夫婦のみの世帯の方には声をかけていこうと思います。皆さんも仕事中や特に屋外で作業をされるときには注意してくださいね

 

 まゆみ居宅介護支援センターでは、今まで介護保険を利用したことのない方や現在入院中で退院後に介護サービスを希望される方などの相談を随時受け付けていますので、お気軽にご連絡ください

 

お問い合わせは 087-863-7282

まゆみ居宅介護支援センター

担当 : 野上、丸岡 まで


通所リハビリテーションと通所介護

[ テーマ: 居宅支援事業所 ]

2019年3月27日23:22:24

こんにちは

少しずつ暖かくなり桜も本格的に咲き出し、今週来週はお花見日和となりそうですね

 

さて、今回は「通所リハビリと通所介護はなにが違うの?」というよくある皆さんの質問についてお話ししたいと思います

 

まず、通所リハビリテーション(デイケア)とは、病院や介護老人保健施設などで理学療法、作業療法、言語療法など必要なリハビリを日帰りで行うサービスです。入浴や食事、レクリエーションなども行います。

一方、通所介護(デイサービス)とは、デイサービスセンターなどで社会交流や機能訓練を主な目的とし、入浴、食事、レクリエーションを日帰りで行うサービスです。

通所介護でもリハビリを行うところは増えていますが、大きな違いとして、通所リハビリでは医師の指示のもと理学療法士や作業療法士などの専門職がリハビリを行っています。

どちらも日帰りサービスですが事業所によって提供時間は様々で、1日や半日のところもあります。内容も事業所によって異なるので、詳しいことは直接問い合わせるか担当のケアマネジャーに相談して頂ければと思います。

 

介護保険サービスを利用したいがまだ申請していない方や認定を受けてはいるが担当のケアマネジャーが決まっていないという方は、お気軽にまゆみ居宅介護支援センターまでお問い合わせください

 

お問い合わせは 087-863-7282

まゆみ居宅介護支援センター 野上・丸岡まで


あけましておめでとうございます

[ テーマ: 居宅支援事業所 ]

2019年1月4日09:35:50

あけましておめでとうございます

年末年始は大変冷え込みましたが、みなさん元気にお過ごしでしょうか

 

今回はある利用者様のお話を紹介させていただきます

 

昨年急な腰痛にて入院、治療されましたが自宅に戻るのは不安がある…とのことで老健まゆみの里に入所されました。介護保険を利用するのも初めてとのことで最初は戸惑いもあったそうですが、すぐに周囲と打ち解けられ、およそ3か月間リハビリをされ年末に無事在宅復帰されました。(施設は一度入所すると出られない…というイメージを抱かれる方もいらっしゃいますが、老健ではリハビリをして自宅に戻るという利用の仕方が可能です

退所前には自宅に訪問したり、介護サービスの紹介など退所後の生活のアドバイスをさせて頂きました。現在は介護サービスを利用しながら友人とランチに出かけられたりと元気に過ごされており、そんなお姿を見るとこちらも嬉しく頑張ろうという気持ちになります

 

まゆみ居宅介護支援センターでは、これまで介護保険を利用したことのない方や退院、施設退所後もサービスの利用を希望される方などの相談も受け付けていますので、いつでもお気軽にお声掛けください

 

お問い合わせは 087-863-7282

まゆみ居宅介護支援センター

担当 : 野上・丸岡まで